リ・ケアの理念

リ・ケア福祉グループのシンボル・カラーである「緑」には、
「自然の力」の意味があります。
生い茂る草木の生命力をあらわし、
情感あふれた施設の明るさをイメージして使用しています。
緑色には、生命力をあらわすと共に、
「落ち着き」や「癒し」のイメージがあります。
「第2の我が家」として、居心地の良い空間、
くつろぎや安らぎの空間を常に提供できたらと考えています。
私たちは、この「自然の力」を「自然治癒力」と解し、
高齢者の方々の自力回復を応援したいと考えています。

「リ・ケア」マークの由来

リ・ケアのこのマークの形は、「」の形からスタート致しました。
なぜならば、この施設が、人と人の交わる場であるからであり、
そこから、始める意思表示でもあります。
また同時に、心と心の結びつきをイメージ致しました。
色は、元気な結びつきを表現致しました。


「リ・ケア」とは

recovery…リカバリー 回復(自力による)
restoration…レストレーション 復旧
revival…リバイバル 再生

の「リ」であり、
この施設は、自立による回復をサポートするものの意と致しました。

決意を表明するため、平成13年9月に商標登録致しました。(番号GLT1203EA 識別番号100070002)

リ・ケアで提供するデイサービスは、在宅で生活されている高齢者の方に通所していただき、
生活の介助、孤立感の解消、心身機能の維持向上を図り、
また、同時にご家族の方の身体的・精神的負担の軽減を図ることを目的としています。
リ・ケアでは、「人」と「心」をテーマに、地域に密着した家庭的なデイサービスを目指し、
送迎・昼食・入浴の他に、ご希望、ニーズに応じて個別のケアに特化してサポート致します。